m3.com トップ > 臨床ニュース > ストレスで初期化「STAP細胞」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ストレスで初期化「STAP細胞」 簡単かつ迅速に、大量調製が可能な画期的技術

2014年1月30日 理化学研究所  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患その他

理化学研究所は1月29日、動物細胞の初期化に関する従来の常識を覆し、簡便な操作で体細胞から多くの未分化な多能性細胞を得られる画期的な現象「刺激惹起性多能性獲得(Stimulus-TriggeredAcquisitionofPluripotency:STAP)」を発見したと報告した。どの組織の体細胞であっても、酸性溶液処理や物理的刺激によるストレスを加えることで、STAPによる初期化を起こし、胚外組織を含む幅広い細胞へ分化する能力を得ることができる。理研発生・再生科学総合研究センター細胞リプログラ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞