m3.com トップ > 臨床ニュース > 遺伝カウンセリングは必要か?

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

遺伝カウンセリングは必要か? 「医療変異」─2014年は遺伝子検査時代 第三部「遺伝子時代の病院づくり」◆Vol.3

続いて遺伝カウンセリング体制を取り上げる。母体血による新しい出生前診断の議論で注目が集まったが、馴染みはまだ薄いだろう。今後、技術進歩で全科に関わってくる。相談窓口の今を見ていく。山田留奈(m3.com編集部)どの科も無縁ではいられない「今後、一般的な診療の場でも、遺伝カウンセリングが必要な症例は急増する」。信州大学医学部遺伝医学・予防医学講座教授の福嶋義光氏はこう断言する。遺伝カウンセリングは、生殖細胞系列を対象にした遺伝子の検査(遺伝学的検査)で確定診断を行う前に必須となる。遺伝学的検査は、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞