m3.com トップ > 臨床ニュース > 変化は急峻、新遺伝子検査

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

変化は急峻、新遺伝子検査 「医療変異」─2014年は遺伝子検査時代 第四部「世界に追い付け」◆Vol.1

画期的な遺伝子検査が次々登場。医師らはどう向き合うか。例えば、耳鼻咽喉科の診療所で胃癌を診断する動きが現実になっている。全ゲノムを1万円で読む「価格破壊」の動きも。変化は急峻だ。星良孝(m3.com編集部)金沢に「世界的検査」金沢市のひょうたん町耳鼻咽喉科医院。遺伝子検査を導入した。日本海に面する地方都市、金沢──。JR金沢駅からほど近い、浅野川の近傍に開業するひょうたん町耳鼻咽喉科医院院長の石丸正氏は、遺伝子検査を扱う開業医の1人だ。「血液だけで癌の有無を調べる」という全く新しい方法を取ってい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞