m3.com トップ > 臨床ニュース > 急拡大NIPT、矛盾あぶり出す

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

急拡大NIPT、矛盾あぶり出す 「医療変異」─2014年は遺伝子検査時代 第四部「世界に追い付け」◆Vol.2

新たな遺伝子検査が次々に登場するのは必至。生殖医療は典型。米国発の新技術で難題が俎上に乗る。未来を描くには、解決力が求められる。星良孝(m3.com編集部)米国発の新検査千葉の房総半島──。ここで開業する宗田マタニティクリニックは毎月およそ70人の新生児を取り上げる。地域に根差した医療機関の一つだ。院長の宗田哲男氏は、遺伝子検査の新しい動向に注目している。「NIPTは広がっていくと思う」。NIPTとは産科で急速に拡大する「無侵襲的出生前遺伝学的検査(non-invasiveprenatalgen...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞