m3.com トップ > 臨床ニュース > 遺伝子検査「日本から先手を」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

遺伝子検査「日本から先手を」 「医療変異」─2014年は遺伝子検査時代 第四部「世界に追い付け」◆Vol.3

2014年2月18日 医療変異  カテゴリ: 精神科疾患検査に関わる問題

「簡単、安く、正確に」の先、制度や倫理の壁も超える必要がある世界的な動きに日本の医療界が伍していくのに、早期に障害を取り払いたい。日本には先進的動きがある。どう世界の福祉に生かすか。2014年こそ潮時だ。星良孝(m3.com編集部)精神科領域でも遺伝子検査時代「臨床医としてゲノムを参照したいという思いはある。薬剤の有効性や副作用をあらかじめ予測して、薬剤量を調整したりできる可能性は出てきている」精神科医で、精神疾患の研究にも取り組む理化学研究所の加藤忠史氏(脳科学総合研究センター精神疾患動態研究...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞