m3.com トップ > 臨床ニュース > リチウムが気分を安定させる理由

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

リチウムが気分を安定させる理由 イノシトールモノフォスファターゼの抑制が鍵

理化学研究所は2月13日、双極性障害の治療薬リチウムがどのような機序で気分安定効果をもたらしているのか調べた研究結果を発表した。イノシトール合成酵素「イノシトールモノフォスファターゼ」が遺伝的に働かないマウスを作製して調べたところ、リチウムがこの酵素の動きを抑えることで気分の波を穏やかにしている可能性があると分かった。さらに、イノシトールが顎の形成に大きく関わっていることも初めて明らかにした。理研脳科学総合研究センター分子精神科学研究チームの大西哲生氏ら研究グループの成果。リチウムは気分安定薬と...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞