m3.com トップ > 臨床ニュース > 水虫予防に専門医が助言 【米国皮膚科学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

水虫予防に専門医が助言 【米国皮膚科学会】 「サンダル使用」「通気性良く足を保つ」

2014年2月20日 米国学会短信  カテゴリ: 皮膚疾患感染症検査に関わる問題

米国皮膚科学会(AAD)は2月11日、足白癬(水虫)予防に専門医のアドバイスを紹介した。2月の「DermatologyAtoZ」ビデオシリーズとして、同学会ウェブサイトと動画サイトのYouTubeチャンネルで公開。足白癬は別名「アスリートフット」とも呼ばれるが、誰にでも起こり得る。一般的な真菌症で、大抵がプールサイドやロッカールームなどの水気の多い公共の場を裸足で歩くことで感染する。足裏や足指間にかさかさ肌やひび割れ、痒みが生じる。足白癬が疑われる場合は、市販の抗真菌クリームが有効。症状が改善し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞