m3.com トップ > 臨床ニュース > サプリ白内障予防、RCTで証明【米国眼科学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

サプリ白内障予防、RCTで証明【米国眼科学会】 マルチビタミン長期摂取で男性の白内障リスク低下

2014年3月3日 米国学会短信  カテゴリ: 眼科疾患その他

米国眼科学会(AAO)は2月20日、マルチビタミンの摂取により男性の白内障発症リスクが低下することを示す研究結果を紹介した。これまでにも栄養サプリメントと眼の健康との関連性を示す観察的研究はあったが、長期的なマルチビタミンサプリメント摂取の効果と眼科疾患リスクに関する無作為試験のデータは乏しかった。これを受けて今回研究者らは、1997-2011年の期間で、米国の50歳以上の男性医師1万4641人を対象とした無作為二重盲検を実施。被験者の半分を一般的なマルチビタミン、ビタミンC、ビタミンE、ベータ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞