m3.com トップ > 臨床ニュース > NF1患者の術中血管破綻に警鐘

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

NF1患者の術中血管破綻に警鐘 一部患者に「血管の脆弱性」あり

日本医療安全調査機構は2月19日、フォンレックリングハウゼン病(神経線維腫I型、NF1)患者での腎摘出術で、下大静脈が破綻し失血死に至った症例を「警鐘事例」として紹介した。NF1患者に手術や侵襲的処置を行う際には、「血管の脆弱性」を念頭に置いて対応するよう求めている。今回紹介した症例は、腎動脈瘤が破裂したNF1患者。腎動脈塞栓術および腎摘出術を行い、腎および尿管摘出部の血腫除去を始めた直後に、切開創の最下部から突然の大量出血を来たした。下大静脈からの出血を疑って止血を試みたが、出血部位が同定でき...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞