m3.com トップ > 臨床ニュース > 感染のだるさ、脳内炎症が引き金

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

感染のだるさ、脳内炎症が引き金 慢性の疲労倦怠感にIL-1Ra産生障害が関与か

2014年3月13日 理化学研究所  カテゴリ: 精神科疾患神経内科疾患感染症

理化学研究所は3月13日、ウイルス感染による疲労倦怠感は発熱によりもたらされるのではなく、脳内で産生されたインターロイキン-1β(IL-1β)による脳内炎症で生じ、IL-1受容体アンタゴニスト(IL-1Ra)の作用で回復する一連の機序を明らかにしたと発表した。倦怠感の慢性化に、脳内のIL-1Ra産生障害が関与する可能性も示唆している。理研ライフサイエンス技術基盤研究センターの片岡洋祐氏らの研究グループの成果。疲労倦怠感は、ウイルス感染により局所の免疫細胞が炎症性物質を出し、そのシグナルが脳に影響...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞