m3.com トップ > 臨床ニュース > ビグアナイド勧告を改訂、糖尿病学会

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ビグアナイド勧告を改訂、糖尿病学会 乳酸アシドーシスの主因は添付文書違反

日本糖尿病学会ビグアナイド薬の適正使用に関する委員会は3月28日、「ビグアナイド薬の適正使用に関するRecommendation」の改訂版を発表した(初版は2012年2月に発表)。委員会がビグアナイド薬(BG薬)服用で乳酸アシドーシスを起こした症例を調べたところ、高齢、心肺や肝、腎機能の障害、脱水や過度のアルコール摂取といった特徴が多く認められた。添付文書の禁忌や慎重投与に反してBG薬を投与したことが主な原因だった。これらの特徴を有する患者では、比較的若年者や少量投与であっても注意するよう呼び掛...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞