m3.com トップ > 臨床ニュース > MI初期輸液は5%ブドウ糖液?【実名臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

MI初期輸液は5%ブドウ糖液?【実名臨床道場】 救急のスペシャリストが輸液のピットフォールを説く

2014年4月9日 臨床道場  カテゴリ: 一般外科疾患腎・泌尿器疾患救急

聖路加国際病院副院長・救急部部長の石松伸一氏が実名臨床道場に登場。重症患者の初療にかかわり、さまざまな輸液製剤を使いこなす救急のスペシャリストが輸液療法を語る。(聞き手・まとめ:酒井夏子、m3.com編集部)石松伸一(いしまつ・しんいち)聖路加国際病院副院長/救急部部長1985年川崎医科大学卒業。同附属病院救急部の研修を経て、1992年に同大学救急医学講師に就任。1993年に聖路加国際病院救急部副部長、2003年に同院救急部部長・救急センター所長にそれぞれ着任。同時期に同院教育・研究センター教育...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞