m3.com トップ > 臨床ニュース > 新規経口抗凝固薬をどう使うか【実名臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新規経口抗凝固薬をどう使うか【実名臨床道場】 各種薬剤の使い分けを循環器スペシャリストが語る

新規経口抗凝固薬の登場により、大きな変化を見せる抗凝固療法。各種薬剤の使い分けや、併用の適否、適用症例の見極めなど、まだ明確な結論が出ていない部分も多い。『抗血栓薬クリニカルクエスチョン100』(診断と治療社)の編者、神戸市立医療センター中央市民病院循環器内科部長の古川裕氏が実名臨床道場に登場。抗凝固療法の疑問に答える。(聞き手・まとめ:酒井夏子、m3.com編集部)古川裕(ふるかわ・ゆたか)1989年京都大学医学部卒業。同大学医学部附属病院内科研修医を経て、1990年より和歌山赤十字病院循環器...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞