m3.com トップ > 臨床ニュース > ダニ抗原の喘息に新機序を発見

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ダニ抗原の喘息に新機序を発見 好塩基球のIL-4産生が鍵

理化学研究所は5月16日、イエダニ抗原やパイナップル酵素に含まれるアレルゲン「システインキナーゼ」による喘息は、新たなメカニズムで誘導されていることを明らかにした。近年、IgE抗体と肥満細胞を主体としたアレルギー反応とは別に、ナチュラルヘルパー(NH)細胞が関与する経路があることが注目されており、この経路に好塩基球とインターロイキン-4(IL-4)が大きく関与していることを見出した。理研統合生命医科学研究センターの久保允人氏ら、東京理科大学総合研究機構の本村泰隆氏ら共同研究グループの成果。研究グ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞