m3.com トップ > 臨床ニュース > タルセバILD対応、条件厳格に

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

タルセバILD対応、条件厳格に 施設要件を一部改訂、全例で調査も

2014年6月5日 日本膵臓学会  カテゴリ: 消化器疾患投薬に関わる問題

日本膵臓学会の社会保険審議委員会(委員長:古瀬純司氏)は5月30日、治癒切除不能な膵癌に対する抗癌薬エルロチニブ(商品名タルセバ)の施設要件が、5月26日付けで一部改訂したことを周知する声明を発表した。今回は、間質性肺疾患(ILD)の発生に対し、迅速に治療を開始できる施設に使用を限定する方向で改訂された。従来は「ステロイド治療などの適切な処置が可能であること」が条件となっていたが、「適切な処置が自医療機関で常時可能であること」に変更。さらに、胸部画像検査の評価ができる放射線診断医または呼吸器医の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞