m3.com トップ > 臨床ニュース > 切除不能膵癌の指針を改訂

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

切除不能膵癌の指針を改訂 FOLFIRINOX 療法の保険適用を踏まえ更新

2014年7月10日 日本膵臓学会  カテゴリ: 消化器疾患内分泌・代謝疾患

日本膵臓学会の膵癌診療ガイドライン改訂委員会(委員長:山口幸二氏)は7月9日、「膵癌診療ガイドライン2013年版」を一部改訂し、新たなクリニカルクエスチョン(CQ)を公表した。2013年12月に治癒切除不能な膵癌を対象としたFOLFIRINOX療法の治療成績に基づき、ホリナートカルシウム、オキサリプラチン、イリノテカン塩酸塩が保険適用となった。これを踏まえ、切除不能な膵癌に対する一次化学療法および二次化学療法について解説している2つのCQを更新した。今回の改訂で、2013年版の「CQ5-2:局所...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞