m3.com トップ > 臨床ニュース > 改正精神保健福祉法に学会不満

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

改正精神保健福祉法に学会不満 日本精神神経学会が第41条に期待と懐疑の見解

2014年8月5日 日本精神神経学会  カテゴリ: 精神科疾患その他

日本精神神経学会はこのほど、2014年4月に施行された改正精神保健福祉法で同学会が懸念を示した点がほとんど反映されずに成立したことに対する不満を、学会見解として示した。特に精神疾患の医療提供体制を一般疾患と同じ次元で検討するとした第41条の指針については、精神医療の充実に期待感を示す一方、精神保健福祉法の枠の中で定めた指針の意義に懐疑的な見方を示し、早くも「次回改定を視野に重大な関心を持って検討を続けていく」と主張している。学会見解では、2013年に行われた国会審議で、学会が医療保護入院における...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞