m3.com トップ > 臨床ニュース > MRSA治療の指針、早くも改訂

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

MRSA治療の指針、早くも改訂 日本化学療法学会、日本感染症学会がホームページで公開

2014年8月7日 日本化学療法学会  カテゴリ: 感染症その他

日本化学療法学会と日本感染症学会は8月1日、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症の治療ガイドライン改訂版をホームページで公開した。同指針は2013年に作成したばかりだが、MRSA感染症とその治療に関する環境変化に即応するため、1年余りでの指針改訂となった。MRSA治療を巡っては、昨年の指針発刊後にバンコマイシンなど一部の抗MRSA薬で適応疾患の追加があったり、新たな投与法が承認されたりした。他にも評価すべき臨床研究の報告や抗MRSA薬の耐性化に関する新知見も出されたことから、変化のスピ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞