m3.com トップ > 臨床ニュース > ワンプッシュ蚊取り剤で健康被害

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ワンプッシュ蚊取り剤で健康被害 国民生活センターが注意喚起

2014年8月11日 国民生活センター  カテゴリ: 一般内科疾患皮膚疾患その他

国民生活センターは8月7日、電気や火を使わずに蚊を長時間駆除できるワンプッシュ式蚊取りで健康被害などのトラブルが相次いでいるとして、使用上の注意喚起を行った。ボタンを1回押すだけで必要量の薬剤が噴射される仕組みで、近年急速に普及しているが、薬剤を顔に誤射して付着する被害などが報告されている。厚生労働省がまとめた「平成24年度家庭用品等に係る健康被害病院モニター報告」の吸引事故などに関する項目では、ワンプッシュ式蚊取りに関する報告件数が2010-12年度の3年間で26件、51件、73件と急増してい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞