m3.com トップ > 臨床ニュース > 術後の隔離でVTE発症5.9倍に 【米国外科学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

術後の隔離でVTE発症5.9倍に 【米国外科学会】 ACS NSQIPデータベースで手術の質を改善

2014年8月12日 米国学会短信  カテゴリ: 循環器疾患一般外科疾患その他

米国外科学会(ACS)は7月28日、術後の隔離患者の静脈血栓塞栓症(VTE)予防に関する研究を紹介した。この研究はACSの手術の質改善プログラム(AmericanCollegeofSurgeonsNationalSurgicalQualityImprovementProgram:ACSNSQIP)で発表された。研究グループはACSNSQIPデータベースを利用して、術後に隔離した患者と隔離しなかった患者とでVTE発症率を比較した。その結果、一般的な手術および血管の手術を受け、隔離された患者の方が、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞