m3.com トップ > 臨床ニュース > 多様な選択肢を見極める【実名臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

多様な選択肢を見極める【実名臨床道場】 てんかんを治療する

2014年9月3日 臨床道場  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患神経内科疾患

てんかんの治療は主に薬物と外科手術に分かれるが、小児、成人、高齢者と患者の年齢によってもアプローチが異なる。薬剤選択を見ても、部分てんかんの諸部分発作ではカルバマゼピン(CBZ)、諸全般発作ではバルプロ酸(VPA)と第一選択薬の立場がゆらぐことはないが、2006年以降に新薬が相次いで登場したことで治療の幅は広がった。このため第一選択薬で効果が不十分だった場合の第二、第三選択薬の見極めに頭を悩ませる医療従事者は少なくない。てんかんと診断し、適切に管理していくための治療法をどう考えていけばよいのか。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞