m3.com トップ > 臨床ニュース > CABG用ブロワー、供給逼迫の恐れも

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

CABG用ブロワー、供給逼迫の恐れも 日本胸部外科学会、情報収集に奔走

日本胸部外科学会は3日、冠動脈バイパス術(CABG)用ブロワーのメーカー2社が供給停止を打ち出したことを受け、代替可能な他のメーカー2社から収集した供給状況の見通しを発表した。メーカー側は月間2000本の供給量を確保できるため「何とか補充しきれるだろう」と予測しているが、需要が増加した場合のめどは立っていないという。ブロワーは手術中に出た血液を吹き飛ばし、無血視野を確保するために使用される機器。国内でCABG用ブロワーを取り扱うメーカーのうち、エドワーズライフサイエンス社はFDAの品質基準が不適...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞