m3.com トップ > 臨床ニュース > ブラ着用、乳癌リスクと無関係 【米国癌学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

ブラ着用、乳癌リスクと無関係 【米国癌学会】 ブラ着用による乳癌増の懸念払しょく

2014年9月18日 米国学会短信  カテゴリ: 一般内科疾患産婦人科疾患

米国癌学会(AACR)は9月5日、ブラジャーの着用と閉経女性の乳癌リスクの上昇に関連性はないことを示した症例対照研究を紹介した。CancerEpidemiology,Biomarkers&Prevention誌に掲載。この研究は、シアトル・ピュージェットサウンド都市部の55歳から74歳の閉経女性を対象に実施。乳癌の組織型の中で最も多い浸潤性乳管癌(IDC)454人と浸潤性小葉癌(ILC)590人を、乳癌のない469人と比較した。個別面接により人口統計学データや家族歴、出産歴に関する情報を収集し、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞