m3.com トップ > 臨床ニュース > PPIの安全性は大丈夫か【実名臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

PPIの安全性は大丈夫か【実名臨床道場】 長期投与や多剤併用による影響

プロトンポンプ阻害薬(PPI)は胃食道逆流症(GERD)など酸関連疾患治療の中心的な薬剤に位置づけられているが、近年は予防投与も含めた投与期間の長期化や複数の疾患を抱える患者への多剤併用療法に用いられるケースが増えてきている。PPIは副作用が少ない薬剤だが、長期使用や複数薬剤との併用では副作用や薬剤の相互作用が問題となる場合もある。2014年10月に開かれる日本消化器関連学会週間(JDDW)で、PPIの副作用を取り上げるパネルディスカッションの座長を務める島根大学医学部内科学講座第二(消化器・肝...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞