m3.com トップ > 臨床ニュース > 若年出産のインセンティブなど提言

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

若年出産のインセンティブなど提言 日本産婦人科医会、少子化に対する「警告」

日本産婦人科医会はこのほど、若年出産にインセンティブを設けるなどした「産婦人科医からの少子化に対する警告」と題した提言を発表した。1人の女性が一生の間に産む子供の数(合計特殊出生率)は微増傾向にあるが、日本が抱える少子高齢化の問題を食い止めるには至らず、高齢出産が増えているため母胎リスクも高まっていると指摘している。医会では不妊治療開始年齢の引き下げなどを必要とする一方で、国に対しては公費負担の増額などを求めていく構えだ。厚生労働省の人口動態統計によると2013年の合計特殊出生率は1.43で、2...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞