m3.com トップ > 臨床ニュース > CASE-J問題、社内処分と防止策

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

CASE-J問題、社内処分と防止策 武田薬品工業、役員報酬減額など報告

2014年10月6日 m3.com編集部  カテゴリ: 循環器疾患投薬に関わる問題その他

武田薬品工業は10月3日、高血圧症治療薬「プロブレス錠」(一般名:カンデサルタン)の医師主導臨床試験(CASE-J試験)で不適切なプロモーション活動が行われたことについて、社内処分と再発防止策を決定したと報告した。関係役員の月額報酬を一定期間5‐20%減額し、関係社員は戒告とするほか、営業部門の社員を医師主導臨床試験に一切関与させないなどとする指導を継続的に徹底することを明示している。CASE-J試験を巡っては、学会発表時のデータを同試験の論文発表後も変更の必要があるにもかかわらず切り替えず、有...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞