m3.com トップ > 臨床ニュース > LT4、本当に「安全」と言えるか【実名臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

LT4、本当に「安全」と言えるか【実名臨床道場】 甲状腺治療薬の副作用問題

甲状腺疾患は一般外来でも一定の割合で見つかる疾患の1つであり、潜在性を含めればかなりの頻度となる。バセドウ病や橋本病など甲状腺機能に関するものが主で、薬物療法が中心となる。抗甲状腺薬のうち、チアマゾール(商品名メルカゾール、MMI)では無顆粒球症や肝機能障害などの副作用に気を付けなければいけないことは論を待たないが、比較的安全とされるレボチロキシン(商品名チラージン、LT4)の副作用が、問題化しつつあるという。抗甲状腺薬の処方で留意すべき点を、伊藤病院(東京都)内科医長の向笠浩司氏に聞いた。(聞...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞