m3.com トップ > 臨床ニュース > 産婦人科事故、過去4年で報告最多

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

産婦人科事故、過去4年で報告最多 日本産婦人科医会が事例解析結果まとめる

2014年10月21日 日本産婦人科医会  カテゴリ: 産婦人科疾患その他

2013年に起きた産婦人科関連の医療事故のうち、医事紛争に発展しかねないと医療機関が判断した偶発事例が470件に上ることが日本産婦人科医会医療安全委員会の調査で分かった。集計開始時期から対象の変更などはあるが、過去4年で最多となった。事例報告書が提出された422件のうち、最も多い診療分野は妊娠、分娩に関わるもので327件(78.1%)を占めている。日本の周産期死亡率は世界トップクラスだが、同会では、産婦人科医療のさらなる向上へ研修や指導体制の強化を掲げている。偶発事例の報告基準は、満期新生児死亡...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞