m3.com トップ > 臨床ニュース > 診療指針が訴訟に与える影響【実名臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

診療指針が訴訟に与える影響【実名臨床道場】 テーマ3◇法廷で求められる医療水準

2014年11月5日 臨床道場  カテゴリ: 救急

医療訴訟でよく争点の1つとして報じられる問題は、治療行為と診療ガイドライン(指針)の関係である。巷間では法律や条例と同一視する向きもあるが、診療指針は基本的に「推奨」を示したもので、全ての医師に適用される「規則」ではない。そうした誤解の影響を訴訟に及ぼさないために、実際の医療行為と診療指針の関連を説明するにはどうすればいいのか、弁護士で医師免許を持つ中村・平井・田邉法律事務所の田邉昇氏が解説する。(聞手・まとめ:森圭吾、m3.com編集部)記載内容の「射程」を把握する――指針の内容と実際の医療行...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞