m3.com トップ > 臨床ニュース > 大腸肛門病学用語集を改訂

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

大腸肛門病学用語集を改訂 日本大腸肛門病学会、2758語を収載

日本大腸肛門病学会は11月6日、大腸肛門病学用語集を改訂し、ホームページで公表した。日常の大腸肛門病に関する診療や研究分野などで標準的な用語として、2758語を収載。同学会外科理事の山田一隆氏が委員長を務める医学用語委員会が改訂作業にあたった。調べたい用語は、ひらがなと英字、略語、解剖や検査、治療などのジャンルから検索することができる。日本語は外国語、外国語は日本語の両対訳としている。同用語集は追加や修正を適宜行うことにしており、意見などは山田委員長宛てのメールや学会事務局宛てのファクスで受け付...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞