m3.com トップ > 臨床ニュース > 食物IgG検査「推奨せず」と学会見解

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

食物IgG検査「推奨せず」と学会見解 日本小児アレルギー学会、健康被害の恐れ指摘

日本小児アレルギー学会は11月19日、血中食物抗原特異的免疫グロブリンG(IgG)抗体検査に関する注意喚起を発した。同抗体は健康人にも存在するため、その存在を理由に食物除去を行えば健康被害を招くリスクがあると指摘し、「推奨しない」とする学会見解を示している。注意喚起によると、食物アレルギーにおけるIgG抗体の検査を巡っては、米国や欧州のアレルギー関連学会でも診断的有用性を公式否定しているという。日本小児アレルギー学会も、「食物アレルギーハンドブック2014子どもの食に関わる方々へ」の中で「推奨し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞