m3.com トップ > 臨床ニュース > 日本初の肛門疾患診療指針を発刊

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

日本初の肛門疾患診療指針を発刊 痔核、痔瘻、裂肛の疾患ごとに詳細解説

日本大腸肛門病学会はこのほど、日本初となる肛門疾患(痔核・痔瘻・裂肛)診療ガイドライン2014年版を発刊した。肛門科専門医に加え、一般の内科医や外科医も対象としており、痔核、痔瘻、裂肛という痔の3疾患について、病理学的特徴や治療法の適応などを解説している。同指針は痔核、痔瘻、裂肛の3章で構成し、それぞれ10のクリニカルクエスチョンが設けられた。各疾患の病因に始まり、痛みの特徴や有用な検査方法、保存的、外科的治療の適応、種類などを解説している。【関連リンク】【発行】肛門疾患診療ガイドライン2014...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞