m3.com トップ > 臨床ニュース > 腸管再建時の逆蠕動吻合に警鐘

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

腸管再建時の逆蠕動吻合に警鐘 日本医療安全調査機構、回避システム検討と早期発見訴え

日本医療安全調査機構はこのほど、症例報告の検討から腸管再建術における逆蠕動吻合のリスクを警鐘事例に追加した。初回手術から消化管の蠕動機能が回復せず、後になって逆蠕動の状態で吻合されていることが判明したケースで、同機構は断端部の明瞭なマーキングや手術ビデオの詳細な見直しなど、リスク回避のシステム検討と早期発見策の構築を呼び掛けている。症例は重症急性膵炎の既往がある胆管癌患者で、亜全胃温存膵頭十二指腸切除術(Child変法)と肝門部胆管切除術、結腸右半切除術、空腸瘻増設術を受けた。術後に高度の消化管...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞