m3.com トップ > 臨床ニュース > 熱中症搬送の全国データ、提供開始

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

熱中症搬送の全国データ、提供開始 総務省消防庁が日本救急医学会に通知

2014年12月16日 m3.com編集部  カテゴリ: 一般内科疾患小児科疾患救急

総務省消防庁はこのほど、熱中症による救急搬送の人員数調査で得られたデータの提供を開始し、日本救急医学会などに周知している。同庁では、2008年から熱中症で救急搬送された人員の月別データを取りまとめており、熱中症の予防啓発などで詳細な分析を行う際の利用を呼び掛けている。今回提供されるのは、2008年と2009年の7-9月と、2010-14年の6-9月の熱中症救急搬送人員数に関するデータ。都道府県別、日別の搬送人員数や初診時の傷病程度別搬送人員数、年齢区分別搬送人員数があり、データの容量は2MB程度...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞