m3.com トップ > 臨床ニュース > C型肝炎治療指針の改訂3.2版掲載

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

C型肝炎治療指針の改訂3.2版掲載 日本肝臓学会、バニプレビル併用療法の試験結果など追加

2014年12月24日 日本肝臓学会  カテゴリ: 消化器疾患感染症その他

日本肝臓学会は12月19日、C型肝炎(HCV)治療ガイドラインの改訂第3.2版をホームページに掲載した。2014年9月の第3版発刊から2度目の改訂で、同月に承認されたプロテアーゼ阻害薬バニプレビルの併用療法に関する試験結果や、ブルーレターが発出されたHCV治療薬シメプレビルの安全情報などが追加された。HCVの治療法で新たに追加されたのは「バニプレビル+Peg-IFNα-2b+リバビリン」の3剤併用療法。同併用療法群の治療完遂率は対照群と同等であったが、胃腸障害の発現頻度が高い結果となった国内P3...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞