m3.com トップ > 臨床ニュース > 餅による窒息事故に注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

餅による窒息事故に注意喚起 国民生活センター、年末年始の増加に備え

2014年12月25日 国民生活センター  カテゴリ: 一般内科疾患救急

国民生活センターは12月22日、餅による窒息事故の注意喚起を発した。年末年始は特に高齢者で食べ物による窒息事故の死亡者数が増加する時期であることから、食べやすい大きさに分割するなど餅を喉に詰まらせない食べ方の実践を呼び掛けている。正月は毎年、餅などの食べ物を喉に詰まらせる事故が後を絶たない。消費者庁がまとめた「不慮の窒息」による月別死亡者数によると、1月が最多となっており、全国で毎年約1300人が亡くなっている。窒息事故のうち、食べ物による事故で65歳以上が占める割合は40%を超えているという。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞