m3.com トップ > 臨床ニュース > 微妙なしぐさをとらえよ【実名臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

微妙なしぐさをとらえよ【実名臨床道場】 テーマ2◇患者さんが考えていること

患者は最大の情報源であり、そこに答えが隠れている。数値ではなく、患者を診て、実際に触れて最適解を紡ぎ出す。視診や聴診、触診、打診…などにより、限られた状況で的確に診察を進めるコツを、川村内科診療所(横浜市)所長の川村昌嗣氏に尋ねた。(聞き手・まとめ:森圭吾、m3.com編集部)川村昌嗣(かわむら・まさひで)氏1988年慶應義塾大学医学部卒、同大学内科学教室入局。神奈川警友会警友総合病院内科、慶應義塾大学老年科入局を経て、神奈川警友会けいゆう病院健診科へ。その間、厚生会医員、共済組合医員、大臣官房...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞