m3.com トップ > 臨床ニュース > 重症障害児気管支喘息診療指針を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

重症障害児気管支喘息診療指針を公開 日本小児呼吸器学会がホームページに無料で

日本小児呼吸器学会はこのほど、重症心身障害児(者)気管支喘息診療ガイドライン2012をホームページに無料で公開した。日本小児アレルギー学会と日本小児呼吸器疾患学会、日本重症心身障害学会が共同でまとめた重症児(者)の気管支喘息における初の診療指針であり、疫学と診療実態や診断、治療について3章構成で解説している。指針作成時に全国196の重症児(者)施設に対して行ったアンケート調査によると、15歳未満の入所者では反復する喘鳴を呈する割合は30%前後に上り、一般集団の有病率に比べて高いことから診断の困難...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞