m3.com トップ > 臨床ニュース > 初の急性腹症指針案を公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

初の急性腹症指針案を公開 日本プライマリ・ケア連合学会、3月刊行へ

日本プライマリ・ケア連合学会はこのほど、関連4学会と策定した急性腹症診療ガイドライン案を学会ホームページで公開した。緊急手術を要するケースもまれではない急性腹症において、国内初の診療指針となる。対象は就学時以降の非外傷性症例としており、2015年3月の刊行を予定としている。急性腹症全般を対象とした指針はこれまでになく、同学会と日本腹部救急医学会、日本医学放射線学会、日本産科婦人科学会、日本血管外科学会が共同で原案を取りまとめてきた。108のクリニカルクエスチョン(CQ)で構成し、推奨度はA(科学...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞