m3.com トップ > 臨床ニュース > 「凍傷防止の7のヒント」学会が助言【米国皮膚科学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

「凍傷防止の7のヒント」学会が助言【米国皮膚科学会】 適切な衣服で乾いた状態を保つよう推奨

2015年1月20日 米国学会短信  カテゴリ: 一般外科疾患皮膚疾患救急

米国皮膚科学会(AAD)は1月7日、凍傷を防ぐための7つのヒントを紹介した。AADは動画「凍傷:予防と治療(Frostbite:PreventionandTreatment)」を、同学会ホームページとYouTubeで公開している。AADは低温暴露から皮膚を守るための対応として、「戸外で活動するのに適切な衣服を着て、乾いた状態を保つこと」の重要性を強調。併せて凍傷の症状が出た時の対処法として、摩擦や熱い湯で直接温めず、ぬるま湯に浸したタオルなどで徐々に感覚を戻す方法を推奨している。また、同対処法で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞