m3.com トップ > 臨床ニュース > 鳥インフルエンザ発生で注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

鳥インフルエンザ発生で注意喚起 国民生活センター、冷静な対応呼び掛け

国民生活センターは1月20日、西日本を中心に拡大している鳥インフルエンザの発生について注意喚起を発した。インターネットでは鶏肉や鶏卵からの感染を心配する声も上がっているが、現時点では国内でヒトが感染する可能性はないとして冷静な対応を呼び掛けている。鳥インフルエンザはA型インフルエンザウイルスが引き起こす鳥類の疾病で、家畜伝染病予防法では病原性の程度と変異の可能性によって、高病原性鳥インフルエンザ(HPAⅠ)と低病原性インフルエンザ(LPAⅠ)、鳥インフルエンザの3つに分類される。国内では高病原性...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞