m3.com トップ > 臨床ニュース > 病診連携で「手遅れ」を防ぐ【実名臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

病診連携で「手遅れ」を防ぐ【実名臨床道場】 円滑な患者の受け渡しへ天野篤氏が語る

2015年2月5日 臨床道場  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患一般外科疾患

病状の悪化や手術を要するなど、自院での対応が難しい患者であれば、より高度な技術を持つ医療機関へ紹介する。だが、円滑な病診連携の体制を構築できている地域はいまだ少ない。どのようにして信頼できる紹介先を作ればいいのか、どうすればスムーズな患者の紹介が可能になるのか。順天堂大学附属順天堂医院副院長で心臓血管外科教授の天野篤氏に、病診連携のあるべき姿を聞いた。(聞き手・まとめ:森圭吾、m3.com編集部)天野篤(あまの・あつし)氏1983年日本大学医学部卒後、関東逓信病院(現NTT東日本病院)、亀田総合...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞