m3.com トップ > 臨床ニュース > AF治療、焼灼か薬物か【米国心臓病学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

AF治療、焼灼か薬物か【米国心臓病学会】 リスクの許容から患者個別の治療を推奨

2015年2月3日 米国学会短信  カテゴリ: 循環器疾患投薬に関わる問題

米国心臓病学会(ACC)は1月22日、抗不整脈薬治療を受けたことのない患者の発作性心房細動(PAF)に対する第一選択治療としての高周波アブレーションと抗不整脈薬治療の有効性について検討した論文(RAAFT-2)のレビューを紹介した。2012年ガイドラインでは、カテーテルアブレーションは1種類以上の抗不整脈薬で効果がなかった場合、PAF患者への適応がクラス1に、第一選択治療としての適応はクラス2に分類されている。RAAFT-2試験は、抗不整脈薬治療を受けたことのない127人の患者を対象とした無作為...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞