m3.com トップ > 臨床ニュース > 食物IgG検査非推奨で学会注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

食物IgG検査非推奨で学会注意喚起 日本アレルギー学会が小児アレルギー学会の見解支持

日本アレルギー学会はこのほど、食物抗原特異的免疫グロブリンG(IgG)検査が頻用によっては健康被害を招く恐れがあるとして、非推奨の注意喚起を発した。同検査を巡っては、日本小児アレルギー学会も2014年に「推奨しない」との見解を示していた(『食物IgG検査「推奨せず」と学会見解』を参照)。日本アレルギー学会もこの見解を支持し、同検査を根拠に食物除去を指導しないよう呼び掛けている。食物抗原特異的IgG抗体は、食物アレルギーのない健常者にも存在するため、食物アレルギー確定診断としての負荷試験結果と必ず...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞