m3.com トップ > 臨床ニュース > 重症敗血症診療指針のCQ案を公表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

重症敗血症診療指針のCQ案を公表 集中治療医学会と救急医学会の作成特別委がパブコメ

2015年3月5日 日本集中治療医学会  カテゴリ: 感染症救急

日本版重症敗血症診療ガイドライン2016作成特別委員会は、同ガイドラインに掲載予定のクリニカルクエスチョン(CQ)案を公開し、意見を募集している。敗血症の定義と診断や初期蘇生と循環作動薬、播種性血管内凝固症候群(DIC)対策など、18項目にわたりCQが設けられている。パブコメは、日本集中治療医学会事務局が3月31日まで、電子メールで受け付けている。同ガイドラインは、日本集中治療医学会と日本救急医学会が合同で作成特別委を立ち上げて編集作業を進めている。公表されたのは18項目87CQの一覧で、敗血症...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞