m3.com トップ > 臨床ニュース > 十二指腸内視鏡の耐性菌伝播に警鐘

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

十二指腸内視鏡の耐性菌伝播に警鐘 日本消化器内視鏡学会、FDAなどの警告受け

日本消化器内視鏡学会は3月13日、米国で十二指腸内視鏡を介したカルバペネム耐性腸内細菌(CRE)など多剤耐性菌感染症のアウトブレイクが問題となっていることを受け、会員に各種内視鏡の洗浄や消毒などの手順を守るよう注意喚起を発した。この問題を巡っては米国食品医薬品局(FDA)が2月に警告を発する事態となっており、厚生労働省も関連学会を通じて医療機関への周知を求めている。同学会によると、米国では十二指腸内視鏡を起因としたCRE伝播に関する報道が相次いでいるという。厚生労働省は、日本に流通している十二指...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞