m3.com トップ > 臨床ニュース > 再生医療研究の被害補償指針QA公表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

再生医療研究の被害補償指針QA公表 日本再生医療学会、適応外薬未記載の場合は補償対象外

日本再生医療学会はこのほど、「再生医療等臨床研究における健康被害補償に関するガイドライン」のQ&Aを公表した。補償の原則や対象、内容など2013年の再生医療に関する法律の制定を受けてまとめられた同ガイドラインについて、25の質問と回答を設けて詳しく解説している。補償の原則では、補償金が既に支払われた場合はそれを差し引いて賠償金を支払うこととしている。補償対象となる手技については、再生医療等提供計画書に記載があり、計画書通りに実行された場合は該当する「一連の医療行為」とみなされる。再生医療で培養な...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞