m3.com トップ > 臨床ニュース > 「PAD管理指針」10の要点を発表【米国心臓病学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

「PAD管理指針」10の要点を発表【米国心臓病学会】 無症候性PADは侵襲的な治療は推奨せず

米国心臓病学会(ACC)は3月20日、無症候性末梢動脈疾患(PAD)や跛行を来した患者の管理について、米国血管外科学会が作成したガイドラインを紹介した。JournalofVascularSurgery誌に発表されたもので、疫学から診断、推奨される検査、無症候性PAD管理など、10の要点をまとめている。詳細は下記の通り。【PAD管理に関するガイドライン10の要点】米国のPAD患者は推定800-1200万人。PADは年齢と密接に関連し、40歳以上の有病率は0.9-14.5%にのぼる。高齢化や高い喫煙...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞