m3.com トップ > 臨床ニュース > AFのNOAC、10の要点を学会が提示【米国心臓病学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

AFのNOAC、10の要点を学会が提示【米国心臓病学会】 ACCがNOACを利用時の注意点を紹介

米国心臓病学会(ACC)は3月27日、心房細動(AF)患者の脳卒中予防のための経口抗凝固薬に関して覚えておくべき10の要点を紹介した。詳細は下記の通り。【AF患者の経口抗凝固療法、覚えておくべき10の要点】ワーファリンは治療域が狭く、頻回のモニタリングが必要な上、作用の発現が遅く、他の薬剤や食餌と相互に影響したり頭蓋内出血を起こしたりするため、血栓塞栓症リスクのあるAF患者に対する経口抗凝固療法にはあまり使われないダビガトラン、リバーロキサバン、アピキサバンなどの新規経口抗凝固薬(NOAC)がワ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞