m3.com トップ > 臨床ニュース > 緊急声明のダイアモックスに使用指針

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

緊急声明のダイアモックスに使用指針 日本脳神経外科学会など4学会が策定

日本脳神経外科学会など4学会はこのほど、重篤な副作用報告を受けて2014年に緊急声明を発した「ダイアモックス注射用(一般名アセタゾラミド)」の、脳循環予備能検査における適正使用指針をまとめた(『ダイアモックス脳検査に緊急声明』)。対象患者や適応外使用の実態、急性肺水腫の発生機序などを解説している。重篤な副作用については発生の頻度や機序などが明らかになっていないとして、調査要請があった場合には積極的な協力を呼び掛けている。適正使用指針をまとめたのは、日本脳卒中学会と日本脳神経外科学会、日本神経学会...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞